最後の記念写真・・・
2011 / 02 / 06 ( Sun )
しばらくブログを、お休みしている間
このブログにも、何度か登場していた私の父が亡くなりました。
長い間、病気と戦ってきた父でしたが、独り暮らしはもう難しくなり
茨城に住む兄の所へ引っ越したばかりでした。

足がむくんで靴を履くのも歩くのもやっとの状態でしたが
何とか無事に到着して、ほっと胸を撫で下ろしたのは
ほんの少し前の事でした。

どんな思いで50年以上暮らした地を離れたのか
どれだけ身体が辛かったのか・・・
きっと、最後の力を振り絞って長い移動時間に耐えていたんでしょう。

でも、羽田空港に着いてすぐに「もっと早く来ればよかった・・・」と
繰り返し言っていたようです。
兄が、父と暮らすために用意してくれていたマンションは
日当たりも眺めも良く、とても喜んでいました。

引越し日から、たった19日
きっと、計り知れない緊張と不安から解き放たれたのかも知れません。

亡くなる4日前には、転院した病院に体験入院し
素晴らしい病院だと、みんなに病院から電話を掛けていたようです。
私が最後に話したのも、この日になってしまいました。

それから、4日・・・
あっと言う間でした。

全く苦しむ様子もなく、ロウソクの炎が消えるように静かに眠りについたそうです。
私は間に合わなかったけれど、兄や義姉・妹が側についていてくれました。
子供と孫に囲まれ、幸せだったと思います。

最後まで、弱音をはかず誰にも迷惑を掛けなかった父
札幌の私の所に来てくれなかった事、すごくショックだったけど
やっぱり、茨城を選んだ事は間違いじゃなかったんだね。

IMG_5212-1_edited-1.jpg
この写真は、お正月に写したものです。
10年間毎年ここで過ごしたお正月、最後になるかと思うと寂しくて
みんなで記念写真を撮りました。

これが本当の最後になるなんて・・・

本当は、新しい生活をもう少し楽しんでもらいたかった。
孫たちと楽しい時間を過ごしてほしかった。
それも叶わず、1月25日 76歳 永遠の眠りにつきました。

何だか未だに信じられなくて、実家にはまだ父がいるような
電話がまた掛かってくるような、そんな気がしてなりません。

でもきっと今頃は、身体も楽になり自由に何処へでも行けて
喜んでいる事でしょう。


ブログの方も、長くお休みしてしまいましたが
少しずつ再開しようと思います。
かいのドッグランデビューなど、書きかけの記事がありますので
後程UPしたいと思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村


こちらも、ポチッとして頂けたら
うれしいです













スポンサーサイト
13 : 38 : 33 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://noamill.blog19.fc2.com/tb.php/397-750ed40e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |